DANCE TRUCK TOKYO
DANCE TRUCK TOKYO 2019

『 輸送トラックの荷台を舞台とした移動型のダンスプロジェクト 』

DANCE TRUCK TOKYOは、全日本ダンストラック協会が企画・制作し、「Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募」採択事業として、東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が主催するプロジェクトです。2019年秋から一年を通じて東京都区部・多摩地区・島しょの15ヵ所で開催。キュレーターは、日本のコンテンポラリーダンスを牽引する東野祥子・白井剛・鈴木ユキオが務め、多分野の先鋭的なアーティストが多数参加します。

2019年は5ヵ所(新宿・足立・狛江・渋谷・府中)の街中に、太陽光発電システムと蓄電池を搭載したトラックが出現。荷台の極小空間を、〈身体/光/音〉が一体となったパフォーマンス装置に変容させ、周りの環境とも呼応しながら、見慣れた都市の日常風景を一変させます。東京の多様な景観をも取り込んだ、サイトスペシフィックなパフォーマンスです。

#dancetrucktokyo




DANCE TRUCK TOKYO 開催概要

期間:2019年9月〜2020年8月頃
開催地:東京都区部・多摩地区・島しょ 15ヵ所
入場無料



NEWS





「Tokyo Tokyo FESTIVAL」とは:
オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて東京を文化の面から盛り上げるため、多彩な文化プログラムを展開し、芸術文化都市東京の魅力を伝える取組です。


「Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募」とは:
斬新で独創的な企画や、より多くの人々が参加できる企画を幅広く募り、Tokyo Tokyo FESTIVALの中核を彩る事業として、東京都及び公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が実施するものです。 国内外から応募のあった2,436件から選定した13の企画を、オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、順次展開していきます。


CREDIT
主催:東京都、
公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
企画・制作:全日本ダンストラック協会
共同制作:NPO法人Offsite Dance Project
照明協力:カラーキネティクス・ジャパン株式会社
制作協力:一般社団法人もんてん、有限会社Green Room
協力:環境・災害NPO法人グリーンパワーファクトリー、マルシェパワー横浜株式会社


PROJECT MEMBERS
プロデューサー:岡崎松恵
キュレーター:東野祥子、鈴木ユキオ、白井剛
テクニカル・ディレクター&照明:
藤本隆行(Kinsei R&D)
舞台監督:ラング・クレイグヒル、木村孔三
照明:筆谷亮也、久津美太地
音響:WHITELIGHT
映像:斉藤洋平
美術監修:OLEO
制作アシスタント:安次嶺菜緒、西田杏奈
広報:友川綾子(office ayatsumugi)
アートディレクション&デザイン:
太田博久(golzopocci)
ウェブデザイン:加藤和也
映像ドキュメンテーション監修:藤井光
翻訳:齋藤梨津子

logologologologo
logologologo

【問い合わせ先】

全日本ダンストラック協会
MAIL:info@dance-truck.jp
TEL:080-3399-1009

facebooktwitter



Copyright © Japan Dance Truck Association